飛行機の貸切の料金について

subpage1

有名な人物が飛行機を貸し切って移動をしたり、日ごろプライベートジェットを貸切にしてビジネスをしている人がいるといった話題がテレビなどで取り上げられることがあります。
昨今では有名な野球選手が7年総額約160億円という料金で航空会社と契約をし貸切でプライベートジェットを使用しているということがニュースなどで報じられました。

飛行機の貸切は基本的には一般人でも可能で、日本でも大手航空会社との契約や一時的な貸切などで利用をすることが可能となっています。

最近気になった飛行機の貸切の料金を詳しく調べるなら便利なサイトです。

質の高いプライベートタイムやいち早く現地へ赴きビジネスを成功させるために飛行機を利用している人は国内にもおり、一回のフライトでの値段は様々ですが、最も身近な値段でも300万円以上の料金がかかります。



たとえば羽田空港から札幌空港までの往復1040キロを飛行機で貸し切りで行くとすると、約300万円。


羽田空港から沖縄までの往復1950キロの場合は約600万円の料金がかかります。

基本的に費用はフライトの距離とともに値上がりしていき、国際線となるとさらに料金は増加します。

たとえば羽田空港から上海までは760万円程度で、羽田空港からホノルルまでは2900万円相当かかるとされています。



日本ではまだ大手航空会社が主体となっているため料金も高めとなっていますが、アメリカやヨーロッパのように中小規模な会社が立ち上がってきた場合は全体的な費用もより安価になっていくと言われています。